塩
淡路島の藻塩 TOPページ

藻塩とは? 藻塩 製品紹介 塩 レシピ 塩 使い方 塩 Q&A 塩 塩辞典
藻塩とは 歴史的背景
日本の塩作り
遺跡・製塩土器
万葉集
国生みの神話
御食国
 
藻塩とは 製造工程
古来の製塩方法
現代の製塩方法

トップ > 藻塩とは? > 現代の製塩方法
 

■ 現代の製造方法 淡路島の藻塩(茶)プレミアムの作り方

 

本製品は、約3日間掛け塩職人が丁寧に炊き上げた藻塩です。

 
1日目
 
(1)海水取水  
   
鳴門海峡(淡路島側)で海のすぐ横にボーリングを掘って汲み上げております。年間安定した海水が取水出来ます。
 
 
(2)海水濾過・濃縮
   
最新鋭の海水濃縮装置にて海水を濃縮します。
 

 

(3)海水投入・加熱  
     
ほぼ1日海水を炊き出し濃度を濃くしていきます。
 
 
(4) 海藻(ホンダワラ・アカモク等)を使用します。
 
 
 
(5) 濃度の濃くなった海水に海藻を投入して1晩寝かせます。
 
 
2日目
 
(6)濾過させた海藻浸漬海水を更に炊き上げていきます。
 
 
(7)藻塩の結晶が出てきたところです。
 
 
(8)藻塩と藻塩にがりに分離
 
 
(9)更に平釜で塩職人がゆっくりと水分を飛ばし、焼成します。
 
 
(10)冷却保管
 
 
3日目
 
(11)人の手で丁寧にふるいに掛けます。
 
 
(12) 熟練した人の手で目視にて検品(職人技です。)
 
 
(13) 充填・ヒートシール
 
 
(14) 金属検出器
 
 
(15)完成
 
 
長い工程を経てやっと完成です。 一釜でほんの少量しか取れない貴重な藻塩の出来上がりです。
   
塩