塩
淡路島の藻塩 TOPページ

藻塩とは? 藻塩 製品紹介 塩 レシピ 塩 使い方 塩 Q&A 塩 塩辞典
藻塩とは 歴史的背景
日本の塩作り
遺跡・製塩土器
万葉集
国生みの神話
御食国
 
藻塩とは 製造工程
古来の製塩方法
現代の製塩方法

トップ > 藻塩とは? > 国生みの神話

■古事記による国生み神話

この神話はもとは淡路の海人族の神話であったといわれています。おのころ島の所在としては榎列下幡多のおのころ島神社のあるおのころ島、沼島、又は淡路島そのものなどいろいろな説があります。
淡路島にはおのころ島神社周辺や伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)、おのころ神社と、各所に国生み神話ゆかりの地が残っています。
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
伊弉諾神宮
(兵庫県淡路市多賀)
イザナギ神宮と読み地元では「いっくさん」と親しまれている。イザナギの尊神様とイザナミの尊神様の二神が祭られています。 日本書記によれば、国生みを終えたイザナギは、国の運営を子供の天照大神様(あまてらすおおみかみさま)に任せ、この地で余生を送ったと記されています。
塩
おのころ島神社(自凝島神社)
おのころ島神社
(南あわじ市榎列下幡多)
古事記・日本書紀によれば、神代の昔、国土創世の時にニ神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、その矛より滴る潮が、おのずと凝り固まってできたのが淡路島だと言われています。
いざなぎの命といざなみの命が降りたのがこの地だと言われています。
塩
おのころ神社
おのころ神社
(南あわじ市沼島)
小高い山の上、まるで天に届くかのようなまっすぐな階段を上ると、おのころ神社に到着する。この山全体が「おのころさん」と呼ばれる神体山だ。天地創造の神であるイザナギ、イザナミの二神を祀っている。
淡路島は、古事記・日本書記でも紹介されている通り、国生みの島としての神話が残っています。
「古事記」の中でイザナギの尊神様、イザナミの尊神様の二神様が天の浮橋(あめのうきはし)に立ち、天の沼矛(あめのぬぼこ)を海にかきまわして引き上げると、矛(ほこ)の先からしたたり落ちる塩が重なり積もって淤能碁呂島(おのころじま)になり、二神様はこの島に降りて、夫婦の契りを結んで、島々や神々を生み出した。
まず、淡路島を生み、続いて四国、隠岐島、九州、壱岐、対馬、佐渡、最後に本州を生んだと云われている。(「古事記」「日本書紀」)
塩