塩
淡路島の藻塩 TOPページ

藻塩とは? 藻塩 製品紹介 塩 レシピ 塩 使い方 塩 Q&A 塩 塩辞典
藻塩とは 歴史的背景
日本の塩作り
遺跡・製塩土器
万葉集
国生みの神話
御食国
 
藻塩とは 製造工程
古来の製塩方法
現代の製塩方法


トップ > 藻塩とは? > 日本の塩作り

■日本の塩作り

日本は、岩塩や塩湖などの塩資源に恵まれていなく、気候も高湿多雨で天日製塩にも適しておらず、約3%の塩分を含む海から塩を取り出す方法に古来から苦心し独自の製塩方法が生まれました。
私たちの遠い祖先は、はるか昔はもっとも原始的な製塩の方法として海藻を焼いた灰(灰塩)そのものを使用したと考えられます。 奈良時代製塩想定図
奈良時代製塩想定図 弥生・古墳時代には技術が発展し「灰塩に海水を注ぎ、かん水を採り煮詰める方法」「藻を積み重ね、上から海水を注ぎかん水を作り煮つめる方法」等の日本独自の製塩法に発展されたとされます。
製塩が盛んな地域であった淡路島は、遺跡が多く製塩土器が数多く出土され、古来「塩作り」が盛んだったことが伺えます。
塩